運送管理システムの種類やメリット・トラック運行管理業務について | 運送会社様のための安全管理・労働時間管理システム JICONAX
働きやすい職場認証取得を目指すなら
運送会社の勤怠管理・安全管理支援クラウド
059-359-5811
9:00〜18:00(土日・祝日除く)

MENU

運送管理システムの種類やメリット・トラック運行管理業務について

運送管理システムで膨大なデータを可視化

運送会社に欠かせない運行管理業務の内容は多岐にわたります。アナログで行うには限界があるため、クラウド型のシステム導入を検討するのがおすすめです。運送管理システムを活用することにより、効率アップと負担軽減が図れるでしょう。

クラウド型の運送管理システムについて

慢性的な人手不足や増加する配送依頼に悩む配送会社にとって、運送管理システムの導入は問題解決につながります。こちらでは、そもそも運送管理システムとはどのようなものなのか、活用することでどのようなメリットがあるのかを解説します。

運行管理とは

運送管理システム

配送車両にデバイスを搭載しデータを集約して活用することで、効率よく安全な運行および運行管理者の負担を軽減するのがクラウド型の運送管理システムです。運送管理システムでは主にどのようなことができるのか、一般的な機能について具体的に見ていきましょう。

安全運転の管理

安全な運転については、有効な対策が難しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。運送管理システムを利用すると、安全運転管理指導がより効率的に行えます。

JICONAX(ジコナクス)には教育訓練管理機能も搭載されています。これにより、時系列的な教育研修の実施や、建設的な会議の議題設定が可能です。参加者登録することで誰が研修に参加しているのかひと目で確認でき、研修内容の検討や評価にも活用いただけます。

日報管理

トラック運送など「一般貨物自動車運送事業」を営む企業は、運転日報の記録を1年間保管することが義務づけられています。しかし、ドライバー全員分の日報を人の手で管理するのは非常に大変です。特に長距離を運転するドライバーほど疲労は大きくなるため、正確な運転状況を報告するのは難しく、その分管理も煩雑化するでしょう。

そこで「JICONAX(ジコナクス)」は、勤怠管理に改善基準告示をプラスした労働時間管理機能を搭載しました。出退勤時刻が簡単に管理できるだけでなく、長距離ドライバーが事務所に戻ってこられない場合は、社内スタッフが入力することができます。ドライバー・管理側、双方の負担軽減につながるでしょう。

動態管理

運送業では動態管理が欠かせません。これらをデータ化することにより、配送スケジュールの効率化や作業の進捗管理などに役立てることができるのです。動態管理を徹底することで、顧客満足度の向上や売上アップも期待できます。

「JICONAX(ジコナクス)」はデジタコと連携した場合、デジタコ側から出力されれば、燃費推移の可視化が可能です。拠点が複数ある場合でも、リアルタイムでドライバー一覧を確認することができます。

分析機能

システム上で管理されている情報やデータを分析する機能です。さらに分析結果はレポート形式でまとめられるので、経営改善の資料として活用できます。

「JICONAX(ジコナクス)」では、分析ツールであるダッシュボード機能で現状と目標を可視化することができます。様々なデータを分析して管理や経営に役立てたい方にぴったりです。

種類

運送管理システムの種類

一口に運送管理システムといっても3つの種類があり、それぞれ特徴や搭載されている機能が異なります。導入する際は自社のニーズや目的などを明確にすることで最適なシステムを選ぶことができます。

パッケージ型

パッケージ型の運送管理システムには非常に多くの機能が搭載されているので、基本的な管理業務は一通り行えます。運行業務に関する機能はもちろん、事務業務に関する機能も十分に搭載されているので、ひとつのシステムでデータの一元管理が可能です。

カスタマイズ型

システムに導入可能な様々な機能のなかから、自社に必要なものだけを選択して導入できます。予算やニーズに合わせて導入できることが大きな特徴です。

特化型

ひとつの機能にのみ特化しているタイプなので、他の種類と比較すると低価格で導入できるのが特徴です。必要とする機能が明確な場合は、無駄のない特化型が使いやすいでしょう。

自社のニーズに適した運送管理システムを導入することで、業務効率化はもちろん、従業員の健康を考えたクリーンな職場環境をつくることができます。煩雑化した労務管理でお困りならデータを一元管理できるパッケージ型、必要な機能だけをまとめてシンプルなシステムを求めている方にはカスタマイズ型、低価格で押さえたい方には特化型がおすすめです。

トラックの運行管理業務の内容

トラックでの運送業務を行う会社には、運行管理者の存在が欠かせません。しかし、運行管理者になるための資格取得はもちろん、日々の業務も非常に大変です。運送管理システムは運行管理者の日々の業務を軽減してくれるため、ぜひ導入をご検討ください。

業務内容

トラックの運行管理業務内容

効率的なトラック輸送を行うためには、綿密な運行計画を立てて運行管理を行い、計画通りにトラック輸送を実践しなければなりません。トラックの運行管理は誰でもできるものではなく、資格を取得した運行管理者によって行われます。

運行管理者には経験や専門的な知識が必要とされ、国土交通大臣指定の試験機関が実施する試験に合格することが求められます。つまりトラック運行管理者は、国家資格保有者でなければ就任することができない難易度の高い職業の1つなのです。

では、運行管理業務の内容について見てみましょう。

運行管理者は車両やスケジュールはもちろんですが、安全や労務などに関する様々な管理を行わなければなりません。

  • ドライバーへの乗車指示
  • 適切な運行計画を立て過労運転を防止
  • トラック運行の監督・指導を行い過積載防止
  • 積み荷の積載方法を監督・指示し荷崩れなどを防止
  • 法的に定められる点呼で酒気帯び・過労運転を防止
  • 運行記録計(タコグラフ)のデータを利用し運行記録を作成
  • 保有車両が関係する事故の自己記録を作成・管理
  • 運行指示書の作成

などが、運行管理者が行う運行管理業務です。

株式会社フルバックでは、運送業向け勤怠管理・安全管理支援クラウドシステム「JICONAX(ジコナクス)」を取り扱っています。これまで、それぞれ独立して管理されていた勤怠管理と改善基準告示、安全管理が一元化されているため、データの集約・管理が楽になります。一度入力すれば関連するすべての項目に反映されるため、必要な情報をすぐにまとめて確認することができるのです。

導入例・実態

運送管理システムの導入例

運送管理システムを導入する運送会社は年々増えてきていますが、導入のきっかけは様々です。実際に導入したとある運送会社では、積雪による交通網の麻痺がきっかけになりました。

首都圏エリアの交通網が降雪によって麻痺した際、一斉に荷主企業から車両位置の問い合わせが殺到し、すべての車両位置を1時間おきに連絡してほしいとの要望があったため、夜通しでの対応が余儀なくされました。この大変な経験によって、車両の状況を簡単に把握できる動態管理機能付きの運送管理システムを導入することになりました。

緊急時の対応が困難なのはもちろんですが、日々の業務もアナログで行うには限界があります。運送管理システムを利用することで大幅に負担が軽減されることが、運送管理クラウドシステムが注目されている理由です。

株式会社フルバックの運送業向け勤怠管理・安全管理支援クラウドシステム「JICONAX(ジコナクス)」も、業務効率化を図り事故リスクを軽減したい、働き方改革を推進したい、という多くの企業様に導入されています。働きやすい職場認証取得を目指すなら、ぜひ株式会社フルバックへお任せください。

運送管理システム導入で負担軽減&効率アップ

運送管理システムを導入する前に、どのような機能があり、導入することでどのようなメリットがあるのかを知っておくことが大切です。過去の導入事例などをもとに、自社が求めている機能を搭載している運送管理システムの導入をご検討ください。

株式会社フルバックでは、管理業務の効率化を目指す運送業者様をサポートする運輸業特化型管理システム「JICONAX(ジコナクス)」を提供しています。運送会社向けの勤怠管理・安全管理支援クラウドとして、様々な記録を統一されたフォーマットでデータ化・一元管理できるため、効率的に運行管理が行えます。働き方改革を目指す運送業におすすめです。

運送管理システムの導入をお考えなら株式会社フルバック

社名 株式会社フルバック
代表取締役 藤牧正浩
設立 1989年11月9日
資本金 1,000万円
住所 〒510-0061 三重県四日市市朝日町15−7
Tel 059-359-5811
Fax 059-356-0030
URL https://jiconax.com/
お問い合わせ時間 9:00〜18:00(土日・祝日除く)
従業員数 14人